フェアであることが信条の弁護士です。お客様のご要望にできる限り柔軟に対応します。

当事務所について

事務所名の「ジュネス」(jeunesse)とは、フランス語で「青春期」とか「若さ」といった意味です。この名称は、サムエル・ウルマンの「青春」という詩を読んで、「このようにありたい」と考えたからです。その詩では、「青春とは人生のある時期をいうのではなく、心の在り様をいう。たくましい意思、豊かな想像力、燃える情熱を指す。臆病さを退け、易きにつく気持ちを振り捨てる心をいう。」といいます。私はそのような意気で生きていきたいと考えています。そんな思いを込めて、事務所名としました。では、なぜフランス語なのかですが、日本語や英語だとなんだか気恥ずかしいからです。

>取扱い業務一覧はこちら

最新情報

当事務所は第14回京都国際学生映画祭に協賛しています。
  
当事務所の弁護士、益山直樹が「クリエーターズバンク」WEBサイトにて著作権についての連載をしています。
2011.11.16
ジュネス法律事務所WEBサイトがオープンしました。